読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄緑色の水泳日誌

鉄門の1スイマーです。私のスイマーとしての活動を記録して行きます。たまに長文を書きます。これを見たスイマーの方、練習へのアドバイス等ありましたらぜひコメント欄へお願いします。

2016年8月18日

今日は大した距離は泳いでませんが、自分なりにフォームに最大限注意しつつ泳ぎました。

特にキックは意識して泳ぐと普段と全然感覚が違っていて、今までどれだけ怠慢していたかを思い知らされました。

しかし、やはり一人で泳いでいると限界を感じる部分もありました。

結局自分で意識しても見ないことにはわからない部分がありますし、早く仲間と泳ぎたいと感じました。

今回特に感じた問題は背泳ぎと平泳ぎです。

背泳ぎはキックもプルもあまりうまくはなくともある程度まともにはできていると感じています。

しかし、両者を合わせたスイムになるととたんにぐちゃぐちゃになる……

ローリングで体を動かすので、よく背泳ぎを泳ぐ知人たちは脚と腕のリズムを合わせると言っていましたが、それがよくわかりませんでした。

キックもどうしてもピッチが落ちてしまいますし、腕もブレてしまいます。

それともローリングの仕方がそもそもまずいのでしょうか?

いずれにせよ、自分自身ではわかりません。

平泳ぎに関しては、主にキックの問題でした。

何と言いますか、端的に言って遅い。

まだ水の捉え方が不十分なのでしょうか?

ピッチを上げれば当然速くはなるのですが、ピッチに頼って上げたくはありません。

もう少し一蹴り一蹴りで進む距離を大きくしたいですね。

こちらはとりあえずフィンでも使ってみましょうか?

多分見てもらっても違いがわかりづらいですし。

と、今日はこんなところです。

フォームを意識するのは思ったより疲れますね。

以下、本日のメニューです。
f:id:datensaretatensi:20160818230328p:plain