読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄緑色の水泳日誌

鉄門の1スイマーです。私のスイマーとしての活動を記録して行きます。たまに長文を書きます。これを見たスイマーの方、練習へのアドバイス等ありましたらぜひコメント欄へお願いします。

2016年8月13日(タイトルが思いつかない=考えるのが面倒なときは日付になります)

既に約10日も泳いでない日が続き、流石にまずいと思って今日は地元のプールに泳ぎに行ってきました。

予めしっかりメニューを用意していたわけではなく、適当に個人メドレーの練習でもしようかと考えていたところ、なんと、地元の水泳関係の先輩に遭遇してしまいました。

その方もバタフライの選手だったこともあり、何か良いメニューはないかと聞いてみたところ、快く引き受けてくださり、今日はその先輩がメニューを作ってくださいました。

内容としては、前半は私がやろうとしていた個人メドレーを軽く、後半は主にバタフライの改善をと言った感じのものでした。

下に上げた通りですが、つもる話もあったので少し量が少ないのはご愛嬌ということで……

今日学んだこととしては、まずは、リカバリーの仕方でしょうか。

水面スレスレを滑るように戻すということで、片手バタフライで極力水しぶきを立てずに戻すという練習をしましたが、これがなかなか難しい……

結局腕だけを意識してもどうしようもなく、頭を上げ過ぎないことも同時に意識しなければならないという有様で、自分の泳ぎのまずさを思い知らされました。

また、キックの際に指摘されたのは、右足がちゃんと蹴りきれていないということでした。

おそらくというか、間違いなく骨折の後遺症というやつだと思われるのですが、どうやら治癒直後の片足をかばう癖が、完全に染み付いていたようでした。

何度か自分でも気づいたことはあったのですが、しばらくすると忘れてしまい、今回改めて指摘されてはっとしました。

両足をしっかり揃えるだけであからさまに水を捉える感覚が違ったので、今まで自分はかなり無駄なことをしていたということを実感し、なんとも言えない気持ちにさせられました。

この点は忘れずに直さなければいけません。

さて、今日の練習で特筆すべき点といえばこのくらいかと思われますが、最後に一点だけ蛇足を述べると、せっかく先輩にお会いしたので所謂バケットターンなるものを教えていただきました。

私のはまだまだグチャッとしていますがこれから練習に取り入れて上達していきたいと思います。

個人メドレーの選手ではありませんが……

最後に今日のメニュー*1を載せます。
f:id:datensaretatensi:20160813231123p:plain

*1:事後記録